スタッフ日記

スタッフ日記

HOME > スタッフ日記 > 2018年

スタッフ日記

NO.221 猫ちゃんとヒゲ (2018/10/1)

こんにちは、海部郡、清須市、中村区、中川区、津島市の近隣にありますあま市のあま動物病院です。

気温の寒暖差が激しく、体調を崩しやすい時期になって参りました。
早くもインフルエンザが流行っている地域もあるとか。
休息と睡眠をたっぷり取って体調管理をしっかりしたいものですね。

さて今回は、眠たい時や退屈な時はダランとしているのに、
オモチャで遊んでいる時や興奮している時は
ヒゲの付け根をプクプクに膨らませて、めいいっぱい広がっていたり
恐怖に遭遇した時は、ホッペにぴったりくっついていたりと
色んな表情を見せてくれる猫ちゃんのヒゲについて調べてみました。

猫のヒゲには神経が集中している

猫のヒゲの根元は液が入った袋のようになっていて、ヒゲはここに浮いた格好になっているそうです。
ヒゲの根元にはたくさんの神経が集中していて、微妙な振動でも敏感にわかる仕組みになっています。




●ヒゲで通れるか判断している
ヒゲは丸く円になっていて、狭い所を通る時にはヒゲをいっぱいに広げて、まず顔をちょっと入れて、ヒゲがあたらないか確かめ、ヒゲが通るようなら体も通ると判断します。

●その他にもある感覚器のヒゲ
臭いを運んでくる風の方向が分かったり、音や空気を振るわす音波の、耳ではとらえられない微妙な伝わりが分かったり、風や湿度などの微妙な変化を計ることができるらしい。
ヒゲは猫にとって大事なアンテナなので、決していたずらに切ってはいけないのです。
「猫は、ヒゲを切るとネズミを捕らない」とか言われ、昔から、猫のヒゲを切ると、猫の能力が劣るという言い伝えがある程、猫のヒゲは大事なものだとされています。
もし、猫がヒゲを切られたら歩く時に障害物にぶつかって、つまづいたりする危険性もあります。
明るい所ならともかく、暗い所での行動をひどく妨げてしまう事になります。
 また、猫は生活に欠かせないヒゲを無くすと精気を失い、新しく生えてくるまで部屋の隅にうずくまってじっと動かなくなってしまう事もあるといいます。

★大事なヒゲなのに・・・
大事な猫のヒゲですが、いつの間にか、折れたり、切れたり、抜けたり、焦がして縮れたりもします。
しかし、普通はしばらくするとまたきれいに生え揃っているものです。
いかがでしょうか?
ヒゲの一本一本にまで大切な働きがあるんだなぁと思いながら猫ちゃんを見ていると ますます愛おしい気持ちになってきますね♪

さかい りえ


まずはお気軽にご相談ください。電話052-485-5762

ページのトップへ