スタッフ日記

スタッフ日記

HOME > スタッフ日記 > 2018年

スタッフ日記

NO.222 わんちゃんの体温(2018/10/3)

こんにちは、海部郡、清須市、中村区、中川区、津島市の近隣にありますあま市あま動物病院の村松です。

季節が変わり寒く感じることがあるこの頃ですね。
皆さん 動物ちゃん 楽しい秋をお過ごしですか?

さて 皆さんは、ワンちゃんの平熱が何度ぐらいかご存知ですか?

よく、診察室で獣医師が計温して
「体温は38.5度です」と飼い主さんにお伝えするとビックリされる方がいらっしゃいます。

私たち人間も犬も外気温に関係なくほほ一定の体温を維持できる「恒温動物」は、体が小さければ小さいほど高く、大きければ大きいほど低くなるそうです。
例えは、スズメの平熱は43度!私たちなら、インフルエンザなみですね。
逆にゾウ、ウマなどは37度前後らしいです。

ではワンちゃんたちは
小型犬の平均体温 38.0~39.0度
大型犬の平均体温 37.5~38.6度
のようです。
もちろん個体差はありますので、日頃から体温も覚えておくといいですね。

ワンちゃんがいつもより熱があるんじゃないかな?と感じることのできるチェック場所は、耳の付け根や足先などがあるので一度試してみてください。

そして、ワンちゃんたちは発熱しているとこんなサインを出しています。
・食欲がない、嘔吐
・体が熱い
・呼吸が荒い
・動きたがらない
・元気がない
などがあります。

少しでもいつもと違う様子に気づかれたら、早めの来院が早期治療につながり、重症になってからの治療やお薬の回避できますので、ぜひ気にとめてあげてください。

何かご不安やご不明点がありましたら、ご遠慮なくスタッフに問い合わせてくださいね。
本日も最後までお読みいただきありがとうございました。

まずはお気軽にご相談ください。電話052-485-5762

ページのトップへ