スタッフ日記

スタッフ日記

HOME > スタッフ日記 > 2018年

スタッフ日記

NO.248 わんちゃんの食糞行動(2018/12/24)

犬がうんちを食べてしまう食糞。かわいい愛犬であっても理解しがたい行動に、悩んでいる飼い主さんも多いと思います。
やめさせようといろいろ試したけど直らないと、諦めてしまっていませんか?
犬の食糞行動には必ず理由があり、飼い主さんに何かを伝えるためのシグナルでもあるようです!
今回は『仔犬』の食糞の理由についてお話しさせていただきます( ´∀`)/

飼い主さんの中にはかわいい愛犬が食糞するのを見てショック受けたという声も聞きます。 食糞行動をするのは人間以外の動物、犬、ウサギ、コアラ、チンパンジーなど動物界ではかなり行われている行動ではあります。なので、「ウンチを食べるなんて! うちの犬はおかしい!!」というわけではないみたいです(^^) しかし!飼い主さんからしてみたら食糞はやめてほしい行動のひとつですよね。 子犬が食糞する理由としてあげられるのが、 〇美味しいから
→子犬は、消化器官が成犬に比べ未発達です。ウンチの中に未消化の状態のご飯が残っていることがあります。
それは子犬からすると「美味しそうなもの」「美味しいもの」なので食べてしまうのです。

〇母犬と離れるのが早すぎた
→子犬のウンチは基本的には母犬が舐めとりきれいにしてくれることが多いです。
なので子犬はウンチに興味を持つ前に母犬が処理してくれます。
しかし、母犬と離される時期が早すぎてケージに入れられることが長かった場合は、興味と退屈からウンチを食べてしまう癖が付くことも多いようです。
これは掃除があまりされない劣悪な環境下にいる子犬にいえることです。


食糞には必ず理由があると言われています。
愛犬が伝えたいシグナルの一つとしてウンチを食べてしまう行為に出ているということを念頭に置いて考えてみましょう。
単に食糞という行為をやめさせたいというだけでは愛犬の伝えたい本当の理由に気付けない場合があります。
食糞をする=何か伝えたいんだ! とより良い関係を築けるキッカケだと考えてみましょう。

ご飯、栄養が足りていない?

運動不足なのか?
などこれを機に1度思い返してみるのもいいかもしれませんね(^^)


しょうじ

まずはお気軽にご相談ください。電話052-485-5762

ページのトップへ