スタッフ日記

スタッフ日記

HOME > スタッフ日記 > 2019年

スタッフ日記

No.274 安全にお散歩するには(2019/3/8)

海部郡、清須市、中村区、中川区、津島市の近隣にありますあま市のあま動物病院の村松です。

わんちゃんとの
お出かけの季節がやって来ますね。

お散歩の時に、飼い主さんに注意していただきたいことを
きっとご存知だとは思いますがご紹介いたしますので再度、ご確認いただけますか。

(ノーリードや長いリードはダメ!)
道路に飛び出したり
人に飛びついたりすると危険です。
うちの子は、そんなことないから大丈夫!って思っている方
お散歩中に急に大きな事故が真横でおき大きな衝撃と音があったり、爆音の車やバイクが横を通過したら ワンちゃんはきっとビックリしますよね。
その時のワンちゃん達の行動は予測不可能です。
いつ何があるかは予測できません。

(ワンちゃんが引っ張る)
ワンちゃんが飼い主さんを引っ張っての散歩になっていませんか?
もし、飼い主さんがうっかり手を離してしまったら
どこかへ行ってしまうかもしれません。
犬はリーダーが先頭に立って歩く習性もあるらしく、ひょっとして引っ張ってお散歩する子は、自分の方が飼い主さんより上の立場だと思っているかもしれません。
こんなお悩みをお持ちの飼い主さんは、お気軽に当院の「個人しつけ教室」もございますのでお問い合わせ下さいね。

(暗い場所での散歩)
私も車を運転します。早朝や夕方から夜にかけてお散歩している方も多く見られますが
全く気づかない時があり、ドキっとすることがあります。
必ず、反射鏡などの物をつけるか、ワンちゃんの首輪やリードに光るもの付けるなどして安全に散歩をしてくださいね。

飼い主さんのちょっとした確認、認識で安全にお散歩することができます!
これからも安全で楽しいお散歩でありますように。

本日も最後までお読みいただきありがとうございました。

まずはお気軽にご相談ください。電話052-485-5762

ページのトップへ