スタッフ日記

スタッフ日記

HOME > スタッフ日記 > 2015年

スタッフ日記

スタッフ日記

  • No.33 明けましておめでとうございます(2016/1/2)

    皆様、明けましておめでとうございます。
    お正月はいかがお過ごしでしょうか?
    ご実家に帰省されてご家族でお過ごしの方、仕事をされている方、友人と過ごしている方、様々だと思います。
    お正月、そして今年一年皆様にとって良いお年を過ごされることを願っております。
    私も実家に帰り、両親と妹夫婦と年越しをし、友人達とも久しぶりに会ったりしました。
    来年のお正月は、病院優先で帰省することはできないと思いますので、今年は早めに実家に帰りました。

    詳しくはこちら

  • 人気の小動物Best5

    No.32 働いていた病院への挨拶

    先週は、この前まで働いていた岐阜の動物病院に年末の挨拶に行ってきたのですが、昨日は、私が4年以上前に働いていた東京の動物病院に開業の挨拶に行ってきました。
    久しぶりにも関わらず、温かく迎えていただき、午後の診察の見学もさせていただきました。
    年内最後の営業日ということで、3人の獣医が診察をしていながらも常に患者さんが待っていて忙しくしていました。

    詳しくはこちら

  • 人気の小動物Best5

    No.31 サンゲツさんの接客(2015/12/26)

    昨日、病院の壁紙や床材を決めるためにサンゲツのショールームへ行ってきました。
    当日は、ショールームのスタッフの方がついてくれて、サポートをしてくれます。
    実は、先月にも伺ったのですが、その時は、まだ決める段階ではなかったので、スッタフの方のサポートはお願いせずに見て回っていました。
    あまりの種類の多さに、探すのがとても大変だったのですが、今回スタッフの方についていただいて、さすがプロだなと思ったのと、その接客に感動してしまいました。

    詳しくはこちら

  • No.30 クリマ!(2015/12/24)

    今日はクリスマス・イブですね!
    皆さんは、ご家族や恋人や動物と楽しい夜をお過ごしでしょうか?
    私は今日はクリスマスらしいことは何もしませんでしたが、明日は妻がローストチキンを作ってくれると言っていました。
    この時期は、チキンの骨を食べてしまうワンコが増えますので、どうか気をつけてあげて下さい。
    鳥の骨は砕けると尖って、食道や胃腸を傷つける恐れがあります。

    詳しくはこちら

  • No.29 他院建築の見学(2015/12/19)

    昨日は、新規開業する他の病院を見学させていただきました。

    私が設計をお願いしているアートジャパンナガヤ設計さんは、主に介護福祉施設や医科歯科を中心に設計をされている設計事務所で、動物病院は、過去に部分的にやったことがあるという程度だったそうです。

    詳しくはこちら

  • No.28 脳外科手術(2015/12/16)

    私は、一般の動物病院で働きながら大学病院で研修もさせていただいていました。
    先日、久しぶりに大学病院を訪れて、脳外科の手術を見学させてもらいました。
    小型犬であったため、脳は小さく、そこの一部にできた腫瘍を摘出していました。
    手術用の顕微鏡を駆使しながら、正常な脳神経を傷つけない様に少しずつ腫瘍を摘出するのは、普通の手術以上に緊張感がありました。
    脳腫瘍の手術をするには、知識や技術も必要ですが、物理的条件のハードルがとても高いのだと学びました。

    詳しくはこちら

  • No.27 建方が完了しました。(2015/12/13)

    12/9のほぼ一日で建物を支える柱と屋根の下地が付いてしまいました。
    あまりの早さにビックリです。
    12/12までには、屋根と窓も付いてしまいました。
    基礎だけの時には、狭いな〜という印象があったのですが、柱が付いて部屋が立体的にイメージできるようになると、期待していた広さを実感できました。
    ここにあの機材を置いて〜など想像していると楽しくなります。
    完成して診療を開始するのが待ち遠しいです。

    詳しくはこちら

  • No.26 最期について(2015/12/8)

    前々回から人と動物の救急処置について書いてきましたが、病院であろうと救急救命処置が功を奏する確率は、それほど高くありません。
    心肺停止状態を起こした場合、退院できる割合は、人で20〜30%、犬猫で4〜10%ほどとも言われています。
    特に、救命処置が遅れるほど生存率は低下します。
    人のデータですが、心肺停止から10分間何もされなかった場合の生存率は10%未満です。

    詳しくはこちら

まずはお気軽にご相談ください。電話052-485-5762

ページのトップへ