スタッフ日記

スタッフ日記

HOME > スタッフ日記 > 2020年

スタッフ日記

No.390 犬の血液型 (2020/6/8)

大治町、清須市、名古屋市、津島市、稲沢市の近隣にありますあま市あま動物病院、看護師の村松です。

現在、新型コロナウイルスの緊急事態で人間の血液(献血)が不足しているとニュースで聞きますよね。

なんとか献血の協力を私個人としてはしていきたいと強く思っているこの頃です。

さて、犬にも血液型があるのはご存知ですか?

犬の血液型の種類は人間の4種類よりも細かく分類されているんです。

犬の血液型はとても種類が多く、現在分かっているだけで13種類以上の血液型があると言われているそうです。

しかし、まだ研究されている途中段階のため、正確には解明されておらず、現在の国際的な基準としては8種類と定められているそうです。

皆さんは愛犬の血液型をご存知ですか?

犬が血液型検査を行う目的は、人と同じで病気や怪我をした際に迅速に輸血を行うためです。

人間も合わない血液型の輸血を行うと重篤な副反応が出ることが知られていますが、犬でもショック症状を起こす副反応を示すことがあります。

最後に
当院でのコロナ感染拡大防止措置にご協力、ご理解をありがとうございます。
「新型コロナウィルスに負けず、みんなで頑張りましょうね」

本日も最後までお読みいただきましてありがとうございました。

033

まずはお気軽にご相談ください。電話052-485-5762

ページのトップへ