スタッフ日記

No.462  ノミダニ予防も是非(* ^ー゜)ノ(2021/5/15)

こんにちは♪ 大治町・稲沢市・津島市・清須市・名古屋市に隣接しておりますあま市あま動物病院の丹羽です(*^^*)

本格的にフィラリア予防が始まりましたね!
今ではワクチン接種と同じように当たり前になったフィラリア予防。
この辺りは蚊の多い地域ですし
大切なおうちの子を守る為にできることの1つとして、今年もしっかりと予防をしましょうね(*^^*)

そして、フィラリア予防と同じように行って頂きたい ❮❮ノミダニ予防❯❯。

近年耳にする、マダニに噛まれた人が亡くなるというニュース。

細菌やウイルスを持ったマダニに吸血された時に感染し、亡くなってしまうこともある、ということです。

マダニと聞くと山の中や、農地などをイメージしますが、意外と、周辺の草むらにもいるものです。

というものも、近くをお散歩していたらマダニが付いてしまった(@ ̄□ ̄@;)!!と、ご来院される方もいらっしゃるのです。

ご存知ですか?
マダニって、すごいんです。

草むらなどに身を潜めつつも、草木の先の方で動物や人が来るのを待っていて、体熱や振動、呼吸から出る二酸化炭素に反応して、すれ違いざまに ピヨ~~ン!!!!!!! と跳び移ってくるのです!Σ( ̄□ ̄;)

跳び移るタイミングを待っているとか
もう、本当にやめてほしい…

けれど、マダニさんも吸血しないと生きていけないので必死なわけです。

人よりも犬や猫の方が低い位置を移動するので、この辺りでは人よりも動物の方がマダニが付きやすいのかもしれません。

マダニは吸血して落下し、脱皮をしてはまた吸血し…を繰り返し成長していきます。

その落下地がお家の中だったら…(|| ゜Д゜)
人も吸血され、その時にマダニを介してウイルスや細菌に感染し命に関わることにもなりかねません。

また、そのマダニがメスで室内で産卵したら…(|| ゜Д゜)
一匹のマダニでも厄介者なのに、
一度に数千個も産卵されたらたまりません!

気温が上がるこれからの時期にこそ
マダニやノミの活動も活発になります。

動物を守ることで人も守ることができる
ノミダニ予防。
ぜひ、予防の一軍選手に加えて頂き
安心して過ごして頂きたいと思います(*^▽^*)

ノミダニ予防薬には経口タイプ、滴下タイプ。
1つの投薬でフィラリア症も同時に予防できるものもありますので、
詳しくは当院まで、お気軽にお問い合わせ下さい♪

最後までお読み頂き
ありがとうごさいました(*^▽^*)

033

スタッフ日記

HOME > スタッフ日記 > 2021年

スタッフ日記

まずはお気軽にご相談ください。電話052-485-5762

ページのトップへ